スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい散歩バッグ。

新しい嵐丸の散歩バッグ。
バッグから作るのは大変なので、無印良品で売っている薄っぺらなエコバッグを活用。
それにレタリングして自分だけの散歩バッグを作りました。
何枚も作れるし、1枚50円のバッグだから気兼ねなく嵐丸のウ○コを入れられる。
嵐丸よ、たっくさんしてくれ!

DSC06315.jpg

家にある材料とアクリル絵の具で作成した制作費200円以下のマイバッグ。
気分転換にと思って作ったけど、なかなかな出来栄え。(自画自賛
工作サイコーー!




作り方は 続き でどうぞ!
※昨年のハロウィンキャンプで掲げた ブル旗 はこの手順で作成しました。

<材料>
無地バッグ クリアファイル カッター  
印刷した愛犬の画像(自分で書いた絵も可)  
割り箸(えんぴつ先のように削っておくとよし)
アクリル絵の具 スポンジ  ※ファブリック用メディウムはなくてもOK。
 
DSC06303.jpg
写真から加工して作った絵を印刷し、クリアファイルを重ねてレタリングの型を作る。
黒い箇所をくり貫く。 
※目や鼻の線のように、周囲を黒で囲われている箇所は接続線を確保しながら周囲を切り抜きます。

コレを作ってしまえば、繰り返し使えるので量産OK! 手ぬぐいもできますよ~

DSC06304.jpg
作成した板をレタリングしたい布やバッグの上にセット。
ズレないようにテープで固定。

DSC06306.jpg
アクリル絵の具、ファブリックメディウムを混ぜ合わせ、水で固さ調節。
水っぽいと布に滲んでしまうから、小さじ1程度で充分。
メディウムは洗濯したときの色落ちを防ぎます。
※今回の色 「赤銅」 ラメが少し入ったゴールドカラー。


DSC06307.jpg
メイクで使うスポンジでレタリング板の上をたたいていく。
※細かい線がつぶれちゃうので、絵の具をつけたスポンジは軽く絞ってから。


DSC06308.jpg
カッターでくりぬいた箇所を埋めるように色を落としていきます。
画像の絵の具はつけすぎでムラになってます。
目のあたりがつぶれて失敗作になりました。(汗

DSC06309.jpg
続きの画像は成功例で。
白く残す箇所が外れないようにとカットしていなかった部分を割り箸の先でキレイに描き足す。


DSC06311.jpg
ということで、レタリングは完成!
底のマチを作れば終了。
お気に入りの絵で自作の布製品を!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。